« 7/14 今日も強風 & 東街区鋼材 | トップページ | 7/16 組立足場再構築 »

7/15 多重多角 &二基目解体(組替)

2010年7月15日(木)曇時々晴

墓参り(付き添い)の帰途、例の多重多角がてっぺんから頭を覗かせていた。その後、西低層棟上に降ろされた。

1007150026

出したり入れたり・・・・、シャフト内の作業手順上の問題か?

                             

                                                      

1007150031 

頭を出してから下に着くまで、要した時間は約20分弱。                                                                                                                

*丸足場動画は、リンク 「 01スカイツリー動画 」 へ移動 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(1107)

タワークレーン二基め解体本格化。朝確認したとき、ジブは取り外し済みだった。

今日は、墓参り付き添いの為、10時で撮影切り上げ!(自分自身は墓参りは無意味だと思っているので、何十年もしたことがない。「千の風になって」の歌詞が啓示だと・・・・盆にふさわしい余談でした)

1007150016

お馴染みの光景が繰り返される。

                           

                          

                     

1007150020

同上                             

                              

                              

1007150023

運転室は、一旦展望台上に持っていってから、下に降ろされた。                                                                                

*運転室動画は、リンク 「 01スカイツリー動画 」 へ移動 

|

« 7/14 今日も強風 & 東街区鋼材 | トップページ | 7/16 組立足場再構築 »

コメント

越谷から双眼鏡で,スカイツリーを時々見物している馬鹿です(名前変更しました)。
技術的な会話は苦手で,コメントを控えていました。

多重多角が降ろされたのは,本日午後2時40分頃ですか?
松伏総合公園というのがあります。ゴルフの石川遼の,ゴルフコースある近く。知人と野田からの帰路,それを見ようか?と探していて,公園の前に車を止めたら,スカイツリーが見えました。遼のコースは置いといて,その公園の風車兼展望台に昇り,8倍の双眼鏡で観察すると,何か大きなものが(徐々に)下がっているように見えました(時間はあとから,40分ころと逆算。正確ではありませんが)。

昨日も透明度が結構高く例の観察地点のほか,元荒川の三野宮橋の歩道からも見えることが判りました。展望台の結構下から見えるので,4月頃からは見えていたかも?

という具合に,越谷・松伏の地上からでも見え始めています。っていうか,第一展望台の外形が大きく膨らんできて,他の鉄塔とは違う。あれはスカイツリーだ!ということが判るようになってきています。

投稿: 越谷困民党 | 2010年7月15日 (木) 17時03分

越谷困民党さん こんばんは
コメントありがとうございます。

>技術的な会話は苦手で,
私も技術的なことは、からっきしダメですので、ご安心のほど!

多重多角は、2時30分頃てっぺんから頭を出して、下に
降下するまで20分程度かかりましたから、ちょどその時にご覧になっていたのだと思います。
松伏公園からですと、直線24km位ですから、天候が良ければ、十分見える距離ですね。
これからも、よろしくお願い致します。


投稿: 押上 | 2010年7月15日 (木) 22時11分

やはりそうでしたか!

でも正直言ってこのHPを読むまで,ぶら下がっているものが多重多角とは判りませんでした。

近くで小型トラックの荷台分くらいもの(勝手にコンプレッサーではないかと思っています)が,あれよあれよの間に上がっていたのは見ました(5月22日の午後だったような?)。

それに比べて,随分ゆっくり,それも降りてきているようだし。で,見物を終えてしまいましたが,今になって残念な気持が湧いています。

これからも時折参加させてもらいます。

投稿: 越谷困民党 | 2010年7月15日 (木) 22時59分

多重多角とは想像ですが、タワーの中空シャフト内の円形作業用の足場ではなかろうか。シャフト内側の溶接や塗装作業のいための足場と想像します。

投稿: トクメイ | 2010年7月16日 (金) 04時22分

越谷困民党さん おはようございます。
5月22日は、展望台の床張り作業が行われていましたので、それをご覧になったのでは? と推測します。
扇形の床材は、小型トラックの荷台位の大きさはあったかも・・・

トクメイさん おはようございます。
ご推察の通り、作業用の足場には違いないかと思います。
最近になってから、何回も出し入れする理由が、ド素人の私には分からなくて・・・・


投稿: 押上 | 2010年7月16日 (金) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7/14 今日も強風 & 東街区鋼材 | トップページ | 7/16 組立足場再構築 »