« 6/25クライミング | トップページ | クレーン三基揃い踏み »

地上84m読売新聞6/26

2009_06260001

タワークレーン 地上84メートルへ   
東京スカイツリー建設工事
地上84メートルまで上がった1号機(左)と、マストを引き上げた状態の2号機 墨田区で建設中の「東京スカイツリー」で25日、タワークレーンが塔体を伝って上層に移動する「フロアクライミング」が着工後初めて行われ、報道陣に公開された。
 この作業では、クレーンのマスト(柱)を引き上げ、上層の梁(はり)に据え付けた後、運転室が載った旋回体がマスト伝いに上昇する。
 クレーン3基のうち、北側の1号機は23日に終了。この日は、西側の2号機の旋回体が1時間半かけ、地上84メートルまでせり上がった。前日に長さ36メートルのマストの底部が、地上23メートルの5階部分から取り外され、地上45メートルで固定された。
 クレーンが第1展望台の高さ(350メートル)の上部に到達するまでに、作業は19回繰り返されるという。
(2009年6月26日 読売新聞)

***記事の北側と西側が逆だと思う***

|

« 6/25クライミング | トップページ | クレーン三基揃い踏み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6/25クライミング | トップページ | クレーン三基揃い踏み »